※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:53歳(2009年1月)

東北地方在住で、6人家族。現役の地方公務員として多忙な毎日を過ごしている。人間ドックをきっかけに、2004年9月に前立腺がんと診断され、ホルモン療法開始。インターネットを使って情報を集め、隣県の大学病院でIMRTを受けるが再発。温熱療法、HIFU、その後エストラサイトとタキソテールによる治療となったが、タキソテールの副作用が強く、現在はエストラサイトで経過を見ている。

――先ほど、タキソテールがやっぱり副作用としてひどい、何かこう楽しみを見つけないとこうやってられないという感じが大きかったっていうのもあるんですか?

それは、ありますよ。あるんですけどもね、わたしが望んでいるこういうふうにしたいっていうのが、体力的にできないんですよ。タキソテールしていると、やっぱり相当消耗していますし、やっぱ簡単に言えばですね、ちょっと怪我するようなことはできないんですよ。だって、赤血球、白血球なんかは3分の1になりますからね。で、赤血球はもう半分以下になりますから、例えば、タキソテールやり始めのときは、こう例えば鼻かんだりしても、鼻血が、ちょっと止まらなかったりとかっていうこと。だけど、それがこう回復するのもタキソテールの、またいいとこなんでしょうけどもね。あと、やっぱり、この…うーん、血を作られるところっていうのは、細胞分裂が一番活発なところなもんだから、そこを直撃するわけよね、骨髄の部分。骨髄の部分やっつけるっていうことは、つまり人間のいろんなところに栄養を運ぶ元のところをたたく、たたいているわけで。だからまあ、末梢神経もやられるわけで。うん。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧