※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:53歳(2009年1月)

東北地方在住で、6人家族。現役の地方公務員として多忙な毎日を過ごしている。人間ドックをきっかけに、2004年9月に前立腺がんと診断され、ホルモン療法開始。インターネットを使って情報を集め、隣県の大学病院でIMRTを受けるが再発。温熱療法、HIFU、その後エストラサイトとタキソテールによる治療となったが、タキソテールの副作用が強く、現在はエストラサイトで経過を見ている。

で、日本の場合は、(タキソテールと)エストラサイトとセットでやったほうが効果が高いというようなことで。つまり、これは、がんをなくすとか何とかじゃなくて、延命措置ですよ。延命効果をはかっている化学療法ですよね。だから、あとはないわけで。あとはだから、わたしが病気が進行していく状況の中では、こうなってこうなってこうなってこうなるだろうというのが、頭の中で渦巻いているわけよね。そうのするとねえ、もうやっぱり、もう、いてもたってもいられない不安にかられる。ですから、先ほど言ったように、朝飲んできたようなメイラックスであるとか、あと、ロヒプノールですか、睡眠薬であるとかっていうのも処方したり。あとやっぱり、去年でしたかねえ…まあ、職場変わったこともあったり。もうこれ以上、やる方法がない、タキソテールをやりながら…やるしかない。どんどんどんどんPSAが、上がっているっていうさなかのときは、ああこれは、ちょっとうつに近いものになりつつあるなっていうことで、精神科もわたし、正直言って、受診しました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧