※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー45

診断時:49歳
インタビュー時:53歳(2009年1月)
東北地方在住で、6人家族。現役の地方公務員として多忙な毎日を過ごしている。人間ドックをきっかけに、2004年9月に前立腺がんと診断され、ホルモン療法開始。インターネットを使って情報を集め、隣県の大学病院でIMRTを受けるが再発。温熱療法、HIFU、その後エストラサイトとタキソテールによる治療となったが、タキソテールの副作用が強く、現在はエストラサイトで経過を見ている。

詳しいプロフィールを見る

ゾメタっていうのもね、腫瘍に効果があることが最近分かってきているっていうインターネット情報上のね。それをね、先生に言ったんだけど、「おれにそれ試しにやってくれ」って言ったんだけど。「試しなんかできねえ、あんた実験台に」「この身は、いや、実験でも何でもいいからやってくれ」って。だけども、んだね、いい加減なあれできないと。保険きく、きくようなあれになったけど、「だから骨シンチでも何でもいいからやってくれよ、先生」って言ってんだけど「あなたの場合は、この数値じゃ(がんが画像に)出ないもんなあ、出ないもんなあ」って。あの「だったら、PSAが40とか80とか高くなるまで、がん細胞が大きくなるまでは待って、大きくなって、えー、骨にこうやって現れてからじゃないとできないと。そこまで待てというんですか」と言うと、「わたしは、それしか言えない」って言うわけですよ。そうじゃなくて、今、PSAが上がるっていうことに、わたしは、おびえているわけだから。「だけども、それは、タキソテールをやるっていうことがはっきり方針で、あなたも了解してやっているでしょう?」って。それと、そんなの、「タキソテールのやる前に、ビスフォスフォネートのゾメタやってみてくれ」って言ってもね、それは、やっぱり「うん」と言えねえんだね。今んところの、わたしの不平不満はそこだね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(86) ["name"]=> string(42) "治療経過にともなうPSA値の変化" ["slug"]=> string(8) "psahenka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(86) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(86) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "治療経過にともなうPSA値の変化" ["category_nicename"]=> string(8) "psahenka" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る