※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:53歳(2009年1月)

東北地方在住で、6人家族。現役の地方公務員として多忙な毎日を過ごしている。人間ドックをきっかけに、2004年9月に前立腺がんと診断され、ホルモン療法開始。インターネットを使って情報を集め、隣県の大学病院でIMRTを受けるが再発。温熱療法、HIFU、その後エストラサイトとタキソテールによる治療となったが、タキソテールの副作用が強く、現在はエストラサイトで経過を見ている。

完全に、前立腺周辺からは、もうIMRTはやったわ、温熱療法はやったわ、HIFU治療もやったわで、で、もう、ほんと手術以上に広範囲までやっていますから。周辺にはないと。それでも、PSAが上がってくるっていうことは、体のどっかにあると。ただ、PSAの値からして、今、骨シンチやっても、PETあたりでやっても、多分、5ミリ以下で出てこない。もっとがんとしては、大きくならないと、映像・画像には出てこないというふうに、今、診断されている状況で。えー、身体的には、末期の分類になりますけども、どこにあるか分からないと言われると、まあ、いいのか悪いのかね(笑)。まだ、小さいからいいというふうに考えればいいのか。だけども、不安要素としては、どんどんこれから大きくなる要素はあるわけで。という状況です。
実験でも何でも、あの、したいですよ。あの、協力、データ、臨床、データとるならとっていただきたいですよ。で、今、骨シンチやっても、映像には出ないというしね。多分、出ないでしょう、やっぱり。で、そういう中で、あの、全身療法、あの、化学療法しかないと。全身療法だったら、免疫療法も全身療法のうちの一つじゃないですか。あとやっぱり、今ストロンチウムっていうやり方、あの、静脈注射やって、その、放射線をいれてやって。それが、骨のところに集中して、こういくっていう。それだって、おれの場合、わたしの場合は、骨に行っているのか、リンパに行っているのか、どこかの肺あたりに行ってんのか、肝臓に行ってんのか分からないのに、できないわけでしょう。だから、PSAが上がることに今おびえている毎日よね。うん、数値検査に行くたんびに、もう、上がるのが分かっているからさ。そのたびに、おびえているようなかたち。恐怖感を味わっているようなかたちです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧