※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー45

診断時:49歳
インタビュー時:53歳(2009年1月)
東北地方在住で、6人家族。現役の地方公務員として多忙な毎日を過ごしている。人間ドックをきっかけに、2004年9月に前立腺がんと診断され、ホルモン療法開始。インターネットを使って情報を集め、隣県の大学病院でIMRTを受けるが再発。温熱療法、HIFU、その後エストラサイトとタキソテールによる治療となったが、タキソテールの副作用が強く、現在はエストラサイトで経過を見ている。

詳しいプロフィールを見る

あれも、だから、実際に温度高くなっているのは、30分から40分なんだろうな。で、前後、徐々に、やっぱり準備からあれすると、1時間はかかる治療でしたね。

その、治療のこう、まあ、副作用というか。

一切ないです。

ない。

これはもう、むしろ、お風呂あびたあとのような、こう、全身が温かくなって、汗だくになって、ま、さっぱりするくらいの気持ちよさ。サウナを浴びたような気持ちよさがあって。
えー、ただその、やり始めやっぱりこの、なんなんだろうな、もう、電磁波かなんかの、ようするに電気なんでしょうね。うまくこう、あの、機械が、動けばいいんですけども。ぴたっとこう密着がないとね、やっぱり、びりびりびりびり電気を帯びるような、こう。それが、痛みになるんですよ。ですから、「いや先生、ここ痛いんですけど」って。もう、そこんところ、だから、とめてみたり。またそこに、あの、ゼリー状のものを塗って、密着をこうするようにしてみたり。だからそこが、ほら、下半身部分と腹部の部分とで、そうとう違ってね、やっぱり、長く効率的にするには、わたしは、長くしてもらいたいんだけれど、熱いし痛いしみたいな部分が続くと、やはり、我慢にも限界があって、その都度だからストップしてもらったりすることで、先生方には、ちょっと迷惑をかけたかもしれませんねえ。ええ。

どういうふうな姿勢でこう当てられるんですか。

いや、あの、あれですよ、上、上向きに、裸の状態で寝て、そして、上下にバスタオル、厚いバスタオルしかれている中で、そして、ようするに、体をこう熱から発する部分をはさむような、あの。ええ、はい、機械で、インターネットで出ていますよ。あの、ハイパーサーミアって入力しますと出てきますね、はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(85) ["name"]=> string(39) "補完代替療法と試験的な医療" ["slug"]=> string(6) "daitai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(85) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(2) "11" ["cat_ID"]=> int(85) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "補完代替療法と試験的な医療" ["category_nicename"]=> string(6) "daitai" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る