※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:49歳
インタビュー時:53歳(2009年1月)

東北地方在住で、6人家族。現役の地方公務員として多忙な毎日を過ごしている。人間ドックをきっかけに、2004年9月に前立腺がんと診断され、ホルモン療法開始。インターネットを使って情報を集め、隣県の大学病院でIMRTを受けるが再発。温熱療法、HIFU、その後エストラサイトとタキソテールによる治療となったが、タキソテールの副作用が強く、現在はエストラサイトで経過を見ている。

実は、正直言って、わたしの友人がですね、それこそ、別な末期がんになっていた人がいるんですよ。どうしてもその人と重ねてしまうとかね。精神的には、そういうことのほうがずっとつらかったですねえ。結局、彼は、同じ年のわたしよりも、半年前に告知を受けて、1年半…半後にはもう亡くなったんですけど。…うん、それがつらかったですねえ。うん、自分と重ね合わせるわけですよ、当然。いずれ、わたしもということも含めて。あの、よく話して、その死に対する考え方、死に対する覚悟のようなことが、えー、まことしやかに、わたしは本人と話したとき実際そういう話はしません。死に対するどう、どうだこうだっていうのは。もっと前向きに対処する方法。先生と、どたな話しているんだ、どんな話して治療に向かっているんだぐらいのあれなんだけど。ほかのこころもとない、彼の周りの友人は、その「覚悟ができている」とか何とかみたいな話までどうもしていたようですけども。わたしはそこで、あの、すごい怒りを覚えたですね。
つまり、死なんて、覚悟しなくてもですね、いずれ訪れるっていうのがわたしのあれなんですけども。やっぱり、覚悟っていう言葉使うんならば、いやむしろ、治療っていうか、むしろ、何にして、どう対処したら、対応していったらいいかっていう覚悟をね、覚悟って同じ言葉使うなら、そっちのほうに使ってほしい、使うべきだって。こんなのは、詭弁かもしれません、ある意味。死を目前にした人間からすると。わたしが言っているなんか、あの、詭弁かもしれませんけども。そうじゃなくて、もうだから、ある意味開きなおりの部分も必要だろうけども。覚悟するならば、もっと、もっと別なものに対する覚悟っていうのも、もがいても、おれはこういうものをやってやるぞ。つまり、同じ、こういう言葉がいいか悪いか分かんないですけども、その友人に対する冒涜(ぼうとく)になるかもしれませんけれども、同じ状況にわたしもなるとしたらですね、もがいてもがいて、そして、何かのためにというか、何、誰かが、わたしのこの大変ていうか、あの、苦しんだ部分をいかしてほしいとか。もう、大学っていうか、専門のね先生方をこういうふうに言うけれども、実際はそうじゃねえんだぞと。国のほうでは、こんなことに取り組んで一生懸命やっているんだけれど、そうじゃねえんだぞと。われわれは、普通の人間は、病いにかかるとこうなんだぞと…とかね、やっぱり、その非痛な叫びをですね、何かの方法で伝える方法ないのかなということは、告知されて1年経って、えー、IMRTという治療を受けて、それでも、再燃したという、PSAがまた再び上がってきたというときから、あー、そういうふうな考えにわたしはなりましたね。という時期がですね、実は、友人が亡くなった時期なんですよ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧