※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー01

インタビュー時年齢:38歳(2021年1月)
感染時期:2020年3月
背景:首都圏在住の女性。新聞記者。夫と長男(当時3歳)と次男(1歳)の子どもの4人暮らし。勤務先の新聞社で仕事中に嗅覚障害に気づいた。

PCR検査を希望したものの発熱がなかったため受けられず、発症から4日目にようやく検査を受け陽性だとわかり、入院できたのは10日目だった。入院後まもなく軽症ということで宿泊療養施設に移ったものの、その日のうちに発熱して病院に戻された。その後は毎日37度台の発熱があり、PCR検査を受けて1度は陰性になったものの再び陽性になってしまい、2回連続陰性になって退院できたのは、入院から2週間後のことだった。

詳しいプロフィールを見る

そいでPCRを受けたのが1日で、4月2日ぐらいから、まあ、日記ずーっとつけてたんですけど、日記というか、まあまあ、こういう仕事(新聞記者)をしていることもあるので、ま、普段の取材ノートにとりあえず、なんかこう書いていたんですけど。えっとー…その、それによると、その2日ぐらいから、全身の痛みが始まって。で、その痛みはですね、もう立っても痛い。こう体の内側から針でこう刺されている、もう無数の針がもう、外側に向かって刺してる感じで。そうとしか形容ができないんですけど、最初、筋肉痛のような、動くともうちょっとでも動くと痛い。ただ、後からほんとの筋肉痛を久しぶりに退院後に、なんかこう、ヨガとかやって、あ、筋肉痛だけど、あ、筋肉痛って。(コロナの時の痛みは)こんなもんじゃないな。筋肉痛なんてもんじゃないなって思ったんで。もうあの、とにかく体の節々が痛い。

とにかく市販の薬を飲まないでくれと言われたんです。で私、熱もなかったので、当時は。だからせきもなかったので、飲まなかった。飲まないで、だから我慢しちゃって、でまあ、その体の痛み、あとはその倦怠感で起きれない。で何となく、気持ち息切れが、息切れというか、するかなーっていうぐらいで、それでもやっぱり熱とせきは最後まで出なくて。で、その、今でもはっきり覚えてるのは、体が痛くてこう普通は寝て、横、横になって休みたいと思うんですけど、横になると背中が痛いんです、すごく。体重がかかる部分が、もう針で押されてるように痛いので、横にもなれなくて。一番ひどいときは、なんかもう四つんばいになって、手、床につけて、膝つけて、なるべく体の面積を、床につく面積を少なくして、痛みをひたすら耐え忍ぶって感じで。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11083 (17) { ["term_id"]=> int(29) ["name"]=> string(24) "急性期の主な症状" ["slug"]=> string(7) "symptom" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(29) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(19) ["count"]=> int(13) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(29) ["category_count"]=> int(13) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "急性期の主な症状" ["category_nicename"]=> string(7) "symptom" ["category_parent"]=> int(19) } }
同じテーマの語りを見る