※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー10

インタビュー時年齢:52 歳 (2021年3月)
感染時期:2020 年10 月
背景:罹患時首都圏在住の男性。会社員。単身赴任中。

咳や微熱のため会社を休み在宅で仕事をしていたが、38度を超す熱が出たため発熱外来を受診した。レントゲンを撮ると既に肺が真っ白だった。最初に紹介された病院では血中酸素濃度が80%を切ることもあり、より高次の病院に転院することになったが、チューブが折れて酸素が吸入できていなかったことが判明。転院先ではICUに入ってレムデシビルの投与を受けたが、気管挿管することはなく、数日後には一般病室に移った。退院後は順調に回復し、後遺症もなく職場復帰している。

詳しいプロフィールを見る

熱はある感じでしたね。熱ある感じの後に、それこそあの、なんていうんですかね、その、熱が出て、苦しい感じでもないんですよ。うーんと、インフルと比較すると、インフルのほうが全然苦しいです。だから、なんかその、とにかくもうへとへとになった状態っていうか。へとへとなんです、とにかく(笑)。それがもう、歩くのも手すり…もう、そうですね、1階から2階まで遅いエレベーターがあって、そのエレベーターに乗った後も、手すりにつかまったぐらいなんで。それだけもう、すごいしんどいっていう感じ。あの、倦怠感どころじゃないんですね。なんていうんだろう。もうとにかくすごく疲れてる感じの倦怠感っていうんでしょうか(笑)。ひどい倦怠感っていうのか…な感じですね。

――その発熱はいつぐらいまで続いたんですか。

発熱はですね、あの、実はそんなに長く続いてないんですよね。なので入院して、まあ18…日(2日目)ぐらいにはもう下がってたかなって思います。だから、全然発熱自体は大したことなかったです。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11082 (17) { ["term_id"]=> int(29) ["name"]=> string(24) "急性期の主な症状" ["slug"]=> string(7) "symptom" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(29) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(19) ["count"]=> int(13) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(29) ["category_count"]=> int(13) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "急性期の主な症状" ["category_nicename"]=> string(7) "symptom" ["category_parent"]=> int(19) } }
同じテーマの語りを見る