※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー10

インタビュー時年齢:52 歳 (2021年3月)
感染時期:2020 年10 月
背景:罹患時首都圏在住の男性。会社員。単身赴任中。

咳や微熱のため会社を休み在宅で仕事をしていたが、38度を超す熱が出たため発熱外来を受診した。レントゲンを撮ると既に肺が真っ白だった。最初に紹介された病院では血中酸素濃度が80%を切ることもあり、より高次の病院に転院することになったが、チューブが折れて酸素が吸入できていなかったことが判明。転院先ではICUに入ってレムデシビルの投与を受けたが、気管挿管することはなく、数日後には一般病室に移った。退院後は順調に回復し、後遺症もなく職場復帰している。

詳しいプロフィールを見る

で、その入院をしたときに、ま、車いすでこう押されていくわけなんですけど、まああの、指につけていたその酸素の…メーターっていうんですかね、酸素メーターっていうか、それが86ぐらいだったんですよ。で、まあ、それがどういう意味か分かんなくて。今は98とかそのぐらいが正常だっていうのは分かるんですけど、86ぐらいで、ああ、なんかよく分かんないけど、まあ86なんだなっていうふうに思っていて。で、「肺炎、ひどい肺炎なんで相当苦しいでしょう」と言われながらも、まあ車いすなので。ちょっと、まあ楽っちゃ楽だったんです。自分で歩ってないので。

――翌日、ヤマ場を越えたねってこう聞かれるまで、どういうふうなことを考えて、何かこうされたり、なんかお話しされたり、どんな感じだったんですか。

これ、これはですね、あの、自分の中での感覚なんですけど、考えたら駄目だと思ったんですよね。それはあの、頭使うと酸素使うじゃないですか。だからなんか、何にも考えてなかったんですよ、そのとき。もう何も考えないっていうふうにやってたんで。むしろそう、「ああ」って、「(死亡保険金が支払われれば)ああ、家のローンなくなるな」というぐらいにしか思ってなかったですね。はい。あともう、会社はもう会社なんで、自分いなくなってもなんとかなるだろうし。うん。ま、ローン、家のローンなくなったら、(家族は)なんとか暮らしていけるだろうなみたいな。なんかそのぐらいしかもう考えないで、もうあと考えるのやめましたもん、はい。

うん、なんですかね、あの、議員で亡くなった人いるじゃないですか。「俺、肺炎かも」とかっつって。で、あのとき電話してたって。すごく、仕事してたと思うんですよね。で、あれ、なんとなく感覚分かるんですよ。気失う感覚って。だから頭使っちゃいけないんですよ。あの、コロナになったら。まず、もうなるようになれって、もう頭使わない。で、脳みそ動かさない。もうこれを徹底すれば、血中酸素濃度は上がっていきますからもう*…っていうふうに、そう思いました。
*これはご本人の見解であり、医学的に証明されていることではありません。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11082 (17) { ["term_id"]=> int(29) ["name"]=> string(24) "急性期の主な症状" ["slug"]=> string(7) "symptom" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(29) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(19) ["count"]=> int(13) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(29) ["category_count"]=> int(13) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "急性期の主な症状" ["category_nicename"]=> string(7) "symptom" ["category_parent"]=> int(19) } }
同じテーマの語りを見る