インタビュー内容テキスト

で、平成11年の秋に初めて出ていったんですね、会に。「お父さん、少し、あのー、勉強しに行こうか」って言って、2人で行ったんです。で、自己紹介のときに、本人が「僕はアルツハイマー病です」って言ったんです。で、「家内とがんばっていきます」って言って話したんですね。で、まだしっかり分かってますんで、薬の話とかが出てくると、入っていくんですよ、話が、自分が。うん。だから、みんなで笑ったんですけどね。そういう状況が最初です。

―― うん、うん、なるほど。当時、ご本人というのも、その会の中にいらっしゃったんですか。

はい。連れていきました、私は。ほかの方も連れてこられてたんですけども、やはり本人の前では話せないって言われて、あのー、誰か、あのー、その中に来てる方で、外へ連れていってくださったりとかされてたんですね。で、主人にも声をかけてくださったんですけど、主人は「僕は結構です」って言って、みんなと一緒にいたんですね。だから、本人知ってますからね、うち。隠さなくていいわけですよね。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言