インタビュー内容テキスト

で、そうこうしてて、私が、あのー、血圧がすごく上がったんですね。で、今もちょっと血圧の薬は飲んでるんですけども、そういう状況で、あの、うちの(家族)会の前代表、私が立ち上げたわけじゃないんですね、この会。それで、前代表が、あのー…あれだよ、口添えしてくれたんだろうと思うんです。申し込んでたとこの1カ所に。そこに入ることになったんです。で、入ったんですね。ちょっと遠いんですけどね、ここからだと。えー、40分ぐらいかかるのかな、車で。それを毎日、私は通いました。
で、ひどい、最終的にはもう、ひど、あのー、誤嚥を起こしたりしてるときは、熱が出たりしたときは施設にも泊まりこんでましたので。個室だったので、あの、もう本当に、あの、(自宅の)部屋っていう感じに造ってたんですね。ですから、カウチ(ソファーを)置いて、あのー、食器類も置いて、私がそこで生活できるようにしてたんです。ですから、朝、午前中、お弁当持っていって、お昼、夜はそこで何か軽くちょっと冷凍庫に、冷蔵庫に入れてたもの食べたりとか、買っていったりとかして食べて、8時半ごろに施設を出てくるっていう生活をずっとしてたんですね。
で、病院に入ったら病院にも午前中から行って、最後の、あ、面会時間の終わるまで病院にいて、帰ってきてたんです。だからほとんど、あのー、私がいるときは私がやってるっていう形ですよね。で、施設ではやっぱり職員さんの手、借りないとできない部分ありますのでね。で、あの、文句言いながら(笑)。だからもう本当、職員さんたちも、いえいえ、看護師さんたちも大変だったと思うんですね。あのー、うるさい家族ですので。いろんなこと言いますんでね。うん。でも、それがあなたたちの仕事でしょ、っていうのが私の考え方なんです(笑)。お給料もらってるんでしょ、っていう。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言