インタビュー内容テキスト

(平成)20年の12月ですかね、やっぱり肺炎を起こして入院して、そのときにもう「嚥下難しいですよ。胃ろう」って言われたんです。で、そのときに主人からは「胃ろうはしたくない」っていうのは、私、言われてたんですね。だから、胃ろうするん…ってまで生きていたくないと。だから、「胃ろうはしません」っていうふうに、病院で言ったんです。
で、それも私1人で「主人が言ってたから」って決めるのもっていうのがあったので、子どもたちにも主人が言ってたことは言わないで、医者から、あのー、「胃ろうじゃないともう無理だって言われてるんだけど、どう思う」っていう話をしたんですね。で、子どもたち2人も、「お父さんらしくないね」っていうのがあったんです。食べることにすごく興味のある人だったんですね。だから、胃ろうっていう前に、もう嚥下障害起こしてても、おいしい物は食べれてたんです。ですから、おすし屋さんに行っても、おすし屋が、もう本当ネタをすごく刻んでくださって、それをちょっととろみつけたら食べてたんですね。で、うなぎもおいしいうなぎ屋さんだと食べてたんですよ。だから、「食べることが好きだった人に胃ろうしたら、お父さん、食べることの楽しみがなくなる。だからお父さんは好まないんだろうね」って、子どもたちにも言われたんですね。で、そこで、「いや、実はお父さん、こう言ってたんだ」って言ったら、「じゃあ、もう悩むことないじゃない」っていう子どもたちの返事ももらったんです。
それとやはり、主人のきょうだいにも言わなければいけないと思って、子どもたちと同じように主人のきょうだいにも話したんですね。そしたら、やっぱり一番下の妹は、あの、実家にいますので、んで、「今、自分は意思、意識があって言えるから、自分はやりたくない、やらない」って言ったんですね。で、主人のことも「たぶん、やりたくないと思うよ」って言われたんですね。だから、いや、実はこう言ってたんだっていう話をしたんですよ。そしたら、「じゃあ、やらなくていいじゃん」っていう言葉をもらったんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言