インタビュー内容テキスト

あの、自分で病院は探しました。いくつか、やはりあの、こっちの○の地で探したんですけれども、その中でここへ行きたいっていう病院が、自分で見つけて、で、そこへ一緒に行きまして、で、そのときにアルツ、若年性アルツハイマーではないかって最初の診断で、心療内科で言われたんですね。で、詳しく調べてみましょうということが始まったんです。
で、調べまして、2月、3月かかりまして、あのー、いろんな検査しました。脳波の検査をしたり、MR(I)撮ったりとか、血流の検査をしたり、それから知能のテスト、ペーパーテストをやったりとか、いろんなことをやったんですね。で、それで、ああ、やはり、あの、変な言い方なんですけど、純然たるアルツハイマー病ではないかと。普通、あのー、いろんなのが混ざったりするんですね。でも、主人は最後まで、本当にアルツハイマーだけだったんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言