インタビュー内容テキスト

わが家では、主人と2人で、どんな病気でもお互いに知らせるっていうのは、主人と私の中で決まってたんですね。それで告知も、主人と一緒に先生から受けたんです。で、そこの中で、先生が、「ご本人さんが知ってるからやりやすい」って言っていただけたんですね。で、普通、隠しますよね。隠すと、この病気って言わないで何か違う病名をつけるじゃないですか。そうすると、それと違う行動やるから、本人おかしく思いますよね、普通だったらね。でも、うちの場合は本人も知ってる。それと、そういう知識があるっていうことで、一緒に告知を受け、それでそれによって、ずっと、進んできたんですね。
で、うちへ、告知を受けたときに、うちへ帰ったあと、自分の部屋からごそごそ探し物してるんですよ。で、何してるんだろうと思ったら、文献持ってきました。それで「僕の病気はこれだよ」って渡されたんですね。で、私の中でも、アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)っていうのは知ってますよね、名前だけはね。でも、最終的にどのようになっていくかっていうことまでは、はっきりは知りません。それと、まさか自分のうちにその病気が来るとは思ってもいませんでしたので、それを見たときにちょっとショックを受けますよね、やっぱり家族として。
で、その中には、今、原因が分からない。治る、治す薬がない。いずれは人として正常に生きていけるのは何年だろうという、5、6年。まだそのころ6、7年って言ったのかな、ぐらいは人として正常とは言わないけども、いけるでしょう。その後は、もう本当寝たきりの状態が続くでしょう。で、10年も生きれたらいいかなっていうような、文献まだ古いですよね、そのころっていうのは。まだいろんなことが分かってませんので。
で、それで、それを見せられたんですね。で、うちの2人の娘にもそれを見せました。で、言ったこと、子どもたちが言った言葉が「好きでなった病気じゃないんだから、思い出づくりをたくさんしよう」っていうのが、家族の言葉だったんです。で、そこで主人も、「お父さんもがんばるよ」っていうことで、それに向かって、あのー、泣いてわめいていって、治るんだったらできるんですけどね。でも、それでも病気は進んでいきます。だから、それだったら前向きに家族でがんばっていこうっていうのが、うちの家族の考え方だったんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言