※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー介護者12

インタビュー時:62歳(2011年8月)
関係:妻(夫を介護)
診断時:夫55歳(67歳で逝去)、介護者49歳
1998年に夫が若年性アルツハイマー型認知症と診断される。介護者は当時、夫と娘2人の4人暮らし。診断時、家族一丸となって頑張ろうと話した。夫は製薬会社に勤務していたが休職。1999年アリセプトの内服を始めるが、1年後頃より乱暴になり、主治医の判断で中止となる。2004年に介護者が体調を崩した為、夫を介護施設に入居させ、毎日見舞いに通う。次第に夫が痙攣を起すようになり、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、2010年逝去した。

詳しいプロフィールを見る

まずは会社は休職ですので、そのときは、あの、何て言うんですかね、傷病手当。それから、あの、障害年金に移行できる、そういう手続き。それはうちは、私はラッキーだったのは、会社が全部、あの、こうしなさい、ああしなさいっていうの教えてくれたんですね。ですから、皆さん、(家族会の)ほかの会員さんと比べると、うまく全部進んでいったんです。はい。だから、よかったんですけども。
あとは、何せ、いつどうなるか分からない、ことではないですか。だから、全部現金化しました。株、株式なんかも全部現金にしました。現金で持っとかないと不安だったんです。だから、全部現金にして、で、あの、ちょっと土地持ってたのも、それも全部売って現金にして、それで生活やってきました。はい。だから、どこからも援助もないです。自分たちで回してきました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12143 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(45) "経済的負担と公的な経済支援制度" ["slug"]=> string(6) "keizai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(45) "経済的負担と公的な経済支援制度" ["category_nicename"]=> string(6) "keizai" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る