※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー家族12

インタビュー時:62歳(2011年8月)
関係:妻(夫を介護)
診断時:夫55歳(67歳で逝去)、妻49歳
1998年に夫が若年性アルツハイマー型認知症と診断される。妻は当時、夫と娘2人の4人暮らし。診断時、家族一丸となって頑張ろうと話した。夫は製薬会社に勤務していたが休職。1999年アリセプトの内服を始めるが、1年後頃より乱暴になり、主治医の判断で中止となる。2004年に妻は体調を崩した為、夫を介護施設に入居させ、毎日見舞いに通う。次第に夫が痙攣を起すようになり、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、2010年逝去した。

詳しいプロフィールを見る

ですから、もう本当、お友達にはいろんなお友達に協力してもらいました。あの、隠しませんでしたので。「こういう病気になったんだ、だから、どういう…どこで何が起きるか分からない、迷子になるかもしれない、だから、そのときは協力お願いね」っていうのは、私、お友達にみんな言ってあったんですね。
ですから、1人で散歩もしてました。で、散歩してても違う方向行ってると、やはり、あの、お友達が、主人に言ったら傷つけるからって言って、私に電話くれたんですよ。で、「いつもだったら、もう帰る方向なのに逆行ってるよ」とか言って。で、その場所まで車で迎えに行って、偶然私は通りかかったっていう形で、主人を車に乗せて。「こんなとこまで歩いてきてたんだ。もうそろそろ帰ろうか」って言って。そうすると、とがめてるわけじゃないので、「そうだね」って言って乗るんですよ。うん。で、乗って帰ってきてたんですね。
で、そうこうしてるうちに、やはりもう最終的には、何年ぐらいかな、えー、平成、そうですね、13年までは歩いてました。14年ぐらいかな。うちから、2、300メートルも離れてないとこで迷子になったんです。それが、ちょうどうちから角、そこがちょうど角っこ、角だったんですね。で、そこから右へ来るか、左へ行くかの境になるんですね。で、そこで、行くときに右へ曲がって行ったので、帰り左に曲がって来なきゃいけないとこなんですよ。で、それをどっちに行っていいか分かんなく、迷ってたみたいです。で、そこの近所の奥さんから、「ご主人が迷ってるよ」って言って電話くださって。で、場所聞いたら、目と鼻の先だったので。ああ、もう1人では散歩だめだなと思って、それからは、あの、私が散歩一緒に行くようにしたんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11107 (17) { ["term_id"]=> int(29) ["name"]=> string(87) "外出をめぐるトラブル:「徘徊(ひとり歩き)」と呼ばれる行動" ["slug"]=> string(6) "haikai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(29) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(29) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(87) "外出をめぐるトラブル:「徘徊(ひとり歩き)」と呼ばれる行動" ["category_nicename"]=> string(6) "haikai" ["category_parent"]=> int(24) } }
同じテーマの語りを見る