インタビュー内容テキスト

どうも幻覚が見えるらしいっていうことに、母と私も、もうそこで腹を決めて。もう家じゅうに、そこに虫がいるぞとか、あと、「泥棒が入ってきて、そこに座ってるのに、何でお前たちは警察を呼ばないんだ」とか、あとは、自分、やっぱり父にしか見えない敵がいるんだと思うんですけど、それに向かって、その、自分のついてる杖で、わあって殴りかかったりとかしちゃうので、そうすると、どうしても、あの、父にはたぶん何かが見えてるんですけども、私たちには当然見えてないですし、壁をがんがん叩いてしまうので、家の中が結構めちゃめちゃになってきちゃうんですよね。
で、そういうので、ま、近くの脳神経外科とかで有名な先生の所に連れていって、で、あの、長谷川式でしたっけ。ああいうのとか全部テストをして、で、その長谷川式のチェックをしたときに、例えば、じゃあ、「100からいくつ引いたら」とか、「今日は何月何日ですか」って言われると、あの、たぶん父の、防衛本能か分からないんですけど、「そんなくだらない質問をおれにするな」みたいに、ま、よくある話なんだと思うんですが、「ばかにしてんのか」って、やっぱ怒っちゃって、そこはもう外に出てしまって。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言