インタビュー内容テキスト

往診の先生にしてみても、あのー、要は胃ろうをするか、しないかっていうのを決めないといけない時期に来てますよね、ってお話はやっぱりされてるので。で、ただ、胃ろうも、もともとはたぶん、して元気になって、その先があるっていう方だったら、あの、いいものなんだろうなと思うんですけど、うちの父の場合はもう、16年やっぱり、血圧の薬から、血液さらさらにする薬に、あとはもうアリセプトだったりとか、もうとにかくありとあらゆる薬を、もう毎日10種類ぐらい飲んでるのを16年続けてるので、父の心臓にもすごく負担はかかってると思いますし、で、そういうのをいくと、まあ、うーん、長生きしてほしいなっていう思いは当然あるんですよね。当然あったとしても、でも、もう自然な形でちょっと父を楽に、スッともう眠るように送らせてあげたいなというのは、すごく思っているので。
だから、今、うちは在宅で父を見送るっていうふうに決めてるので、病院のほうで亡くなると、どうしてもここに本人がいて、手をつないでても、こう、ピッピッていう、あの、心臓の電子音のモニターのほうにやっぱり目が行ってしまうので、そうじゃなくて、もう目の前にいる父が、まあ、母と私の手をつないで、こっちに犬もいるので、犬とかもいる中で、ま、静かに、こう息を引き取るっていうふうに見送ってあげられれば、まあ、あのー、父がその、アルツハイマーになったとき、あと、そもそも、その前で脳梗塞で倒れたときに、あの、ま、どういうふうな結果であったとしても、旅立つときには、もう家族3人ちゃんとそろった状態でいて、病院じゃなくて、できれば家の普段のお布団の上で見送れるように、一緒に頑張ってこうね、っていう話を家族3人でして、今まで来てるので。それをまあ、集大成として考えることができるのかなとは、まあ、思ってるところですね。なかなか、でも、その調整もいろいろ、難しいところではあるんですけれども。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言