インタビュー内容テキスト

父自身も、「あのー、もしかしたらねって、アルツハイマーかもしれないっていう、うわさもあるよ」っていう話とかを、ちょろっとすると、「もうアルツハイマーとか、そういう病気で、もう自分のことも自分じゃ分からなくなって、で、あの、お前たち家族のことも分かんなくなっちゃうような病気なんだったら、自分は自分で死ぬ」っていうふうに言って、父がやっぱりその場で、こう、首くくろうと思ったんでしょうかね、何か長い物を探し出したので。じゃあ、それは困るっていうので、やっぱり押さえて。
私が何かのタイミングでたまたま、その、父に、あの、「お父さん、アルツハイマーなんだって。でも、あのー、確かに治らない病気とは言われているけれども、ただ、私たちには家族もいるし、あのー、お父さんが私たちのことを忘れても、私たちは忘れないから、だから一緒に頑張ってこうね」っていう話をして、父が、まあその、じゃあ、自分は死ぬっていうふうな暴れ方を、一瞬したんですけど、その後に、まあ大人しくなって、「今日はもう寝るわ」と言って、自分で寝床に入ってたので、あ、よかったなって思ったんですけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言