※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー家族30

インタビュー時:34歳(2012年7月)
関係:長女(実父を介護)
診断時:実父64歳、長女27歳
1997年父が56歳で脳梗塞となり、退職。 一人娘である長女と両親の3人暮らしで、19歳から生活と介護を支えてきた。しかし、2005年に父がアルツハイマー型認知症と診断され、状態が悪化。母も体調を崩し、長女は介護離職した。経済的にも追い詰められてうつ状態となり、一時は死を考えた。今は週1回のデイサービス、1~2カ月に1回のショートステイを利用しながら在宅介護中。

詳しいプロフィールを見る

父が例えば、ま、徘徊してしまうときとかにも、門、家の自宅に門があるんですけれど、その門の鍵もちょっと違うのに変えてみたりとか。あと出る前に、こう、踏むとピコピコ音がするマットとかを、区のほうで貸してもらえるっていう話だったので、最初それを置いてはいたんですけど、そこ、またいで行っちゃうんですよね、父が。だから、それを2枚借りて、またいでも踏んじゃうような位置にそれをもう1枚置くようにしたりとか。あとはGPSの機械も、かばんとか、ポッケに、ベルトのところに付けてても、それは外して持ってっちゃうので、そのとき父は必ず出かけるときに帽子をかぶって出ていくっていうのが、もう、癖というか、そういうスタイルになってたので、その帽子の中にGPSの機械を入れ込んで、入れておくとかして。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11180 (17) { ["term_id"]=> int(29) ["name"]=> string(87) "外出をめぐるトラブル:「徘徊(ひとり歩き)」と呼ばれる行動" ["slug"]=> string(6) "haikai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(29) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(29) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(87) "外出をめぐるトラブル:「徘徊(ひとり歩き)」と呼ばれる行動" ["category_nicename"]=> string(6) "haikai" ["category_parent"]=> int(24) } }
同じテーマの語りを見る