インタビュー内容テキスト

入りたかった百貨店も、内定もらえたしっていうので、もう、かなりのんきに構えてたんですけど。どうしても百貨店業界とかだと、そこだと専門学校だったので、専門学校卒だと、額面でたぶん12、13万とかになってしまうので。だから、やりがいで選ぶっていう仕事だったんで、あの、そのとき、まさか父が倒れると思わなかったので、もうお給料安くても、自分がやりたいと思ってた仕事したいなって思って、で、一応、両親にも話をしたら、「あ、いんじゃないの」っていうことだったんで、「あ、じゃあ、そうするね」っていう話をしていて。もう結構、卒業間近のときですね、父が倒れたのが。
で、それだったので、母とも、さあ、どうしようっていう話をしてたんですけど、ま、でも、私が1回、そのせっかく、そこの会社に入れるって決まったんだったら、「行けば」とは言ってくれてたんですけど、それで、いずれやめなきゃいけないって分かってる、中途半端な状態で新入社員として入るのは、先方に失礼なので、ああ、じゃあ、もう、こういう理由なんでっていうので内定辞退して。で、それで、ま、単純に、何だったら稼げるだろうって考えて。最初トラックとか、いろいろ考えてたんですけど、まあ、ま、やっぱり免許取ってて、すごい運転好きだったので、ああ、でも大型取るのに時間かかるねっていう話で、もう今すぐに行って、うまくいけば来月から成果が出るものって何だろうと思ったら、もともと、その、百貨店でアルバイトしてたという、要は、接客が好きなんですよね、たぶん。人と話したりとか、そういうのは好きなはずなので、じゃあ、営業ってみようって思って、で、今、思えば営業力って、特に不動産業とかってノルマが本当に厳しいので、誰も、割とやりたがらないらしいんですけど、まあ世間知らずが、そこは効を奏したらしくって。で、行ってっていう感じでしたね。だから、そこでまあ、母にしてみても、父にしてみても、あのー、「どこそこの百貨店へ入るんだよ、うちの娘が」っていう話は周りにしてたのに、何かいきなし、何だかよく分かんない不動産屋に入っちゃったっていう話になってしまって(笑)、あれっていうふうにも、両親も思ってたみたいですけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言