インタビュー内容テキスト

たぶん、あの、介護離職する前までは、やっぱり、あの、仕事で会社に行ってっていう、会社の顔とかもあるので、あのー、たぶんちゃんとしてたはずなんですよ。で、心のバランスも取れてたと思うんですけれども、会社を辞めてしまってからは、本当に接触が一切なくなっちゃう状態だったので。で、そのときとかに、急に孤立感を感じて…たぶん、ちょうどそこが1年ぐらいあったんじゃないかと思うんですけどね、介護離職してから。そうですね、1年ぐらい。えーと、全然眠れなかったんですよ、やっぱり。というのは、ま、父が、その、夜中に徘徊してしまうかもしれないとか、そういうのがあるので、もともと、そんなに睡眠時間は、私は8時間とか取らずに、だいたいいつも3、4時間ぐらいでずっと来てたんですけども、それがもう、完全に昼夜逆転してしまったときがあって、昼になると眠くなるけど、夜はもう目が冴えちゃうとか。

そうすると、やっぱり自律神経もね、おかしくなってきちゃうと思うので、そのときとか、そうですね、全然眠れないし、おなかもすかないですし。で、ただ、あの、どこかこういうとこ触った後に、もう手を洗いたくてしょうがなくなってるんですよ、なってたんですよ、そのとき。何だかよく分からないけれども、何かずっと手を洗ったりとかしてて、うちの母も、あら、今度は娘のほうがまずいなって、ちょっと思ってたみたいなんですけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言