インタビュー内容テキスト

たまたま、父の日記がこう、開いた状態で、手帳なんですけど、開いた状態でたまたま置いてあったのが見えてしまって、見てたら、自分が脳梗塞で倒れてから、うすうす、やっぱり本人が一番早く気づいてるみたいなんですよね、「おれ、おかしい」っていうのに。で、今日は、「娘と自分の妻がお見舞いに来た」っていうのも書いてあるんですけど、書いてある同じ日のところに、「大学時代の後輩が来たんだけれども、自分の病室に置いてある花を持っていってしまった」みたいなことも書いてあるんですよ。でも、実際、来てないんですね、そういう後輩の方は。
で、それとかので、だんだん父も、意識が正常のときっていうんですか、正常のときに見て、あ、何かおかしい、何かおかしいって、やっぱり気づいてたらしくて。で、それこそ、車で事故起こしてしまった、駐車場で事故起こしたときだとか、あとは本当に幻覚が見えてきてしまってるときとかに関しては、日記のほうにやっぱり、たぶん「何か、おれの頭の中にもう1人、違う人がいる気がする」っていうところは、やっぱり書いてたんですね。で、ああ、書いてたんだと思って、あの頑固な父なので、不安な気持ちとか言ってくれればいいんですけど、不安さとか、そういうのはやっぱり全然出せない。もう昭和の、堅い人なので、出さずにいたので、自分で、そう書くことで、そこの中で解決しようとしてたみたいなんですけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言