インタビュー内容テキスト

―― それは、どういう場で知り合われた方ですか。家族会とか何かですか、どうですか。

家族会。そうですね。家族会みたいなのもそうですし、あとはあのー、インターネット上でもやっぱり、そういう家族会みたいなのがあって、そことかだったり、それこそ、あのー、最近はSNS、mixiだったりとかFacebook(mixi,FacebookはSNSの種類)とかあるので、その中でのコミュニティーだったりとか。で、あと、私もあのー、ブログを立ち上げているときがあったので、そのブログで父のその介護のこととかを書いてると、やっぱり同じような経験されてる方たちが、あの、読者申請っていってしてくださるので、そこで結構、最初のうち、その、顔の見えない交流というのが結構ありましたので。
で、あったんですけれども、だんだん、あのー、直接会って、みんなで話そうっていうことになって、顔を合わせていろいろ話をし始めたら、そこから今度は、あ、じゃあ次はどこそこで、こういうシンポジウムがあるよ、行ける人は行こうよっていうふうになってって、今度、あのー、お医者さまとか看護師さんたちとの、その、コミュニケーションとかを取っていくこととかもできてきたので。
うん。何か不思議なご縁から始まったのもありますね。あとは、で、それこそ、その、父のリハビリに一緒に行ってるときに、父がリハビリ中に、私が廊下で待っているので、待ってる最中に、あの、いつも来てるおばあちゃんとか、おばあちゃんの面倒見てるお嬢さんとかがいるので、「あ、こんにちは」って話をしてると、「あの、お宅は今どういう状況なの」っていう話から始まってって。で、「ああ、じゃあ今度、うち、この病院近くだから、あの、みんなでお茶でもしましょ」って言って、そこの家族の家にお邪魔してとかあったりするので。
何かやっぱり、その、同じ問題に直面してる仲間同士が、その、直接対面してる方もあれば、インターネットから始まったご縁もありますけど、やっぱりその、経験してるから、ああ、分かる、分かるっていう、その共感のうなずきとかを得て、で、たぶんみんなが、おのおの、心のバランスを取ってるのかなと思いますけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言