※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

診断時:57歳
インタビュー時:60歳(2008年2月)
診断当時は、企業の管理職として多忙な日々を送っていた。妻との間に子どもが3人。首都圏在住。吐き気、足のしびれ、腰痛など、2年近く体調不良を訴えて複数の医療機関を受診したが診断がつかず、2005年にようやく前立腺がん(ステージIV)の診断を受けた。ホルモン療法にて体調が改善したが、2年余りで再びPSA数値が上昇しつつある。

詳しいプロフィールを見る

私は最初、病気が見つかってからは、もちろん仕事はもう休職しました。ただ、中小企業だったので、1年ちょっとしか、1年しかなかったんですよ、休職期間が。健康保険、ね、健康保険にはもちろん入っておりましたので、健康保険上はね、2年ぐらいは(※1)、本当は休職期間対象なんですね。休職手当(※2)というのが、健康保険で出ます。ところが、その前提というのは、社員であることが前提なんですね。会社がね、1年しか休職期間、認めないと、1年たったら退職になるんですね。そうするとね、社員の身分を失ってしまうと健康保険でのね、その傷病手当というのが効かなくなるんですよ。うん。使いたくても使えなくなっちゃうっていうね。
だから、その辺のことは社会的なサポートとして、末期のがん患者で、まだ特に前立腺がんのように、えっと、ある程度長く闘病が続く場合はですね、考慮していただきたいことですね。まあ、大企業や特に公務員、まあとても恵まれていて、休職期間もっと長いですよね。だから、休職中は傷病手当が出て、まあ最低でも6割…収入のね、それまでもらっていた 6割までは出るんですね。大企業だったら、ちょっと自前の補充分があったりして、8割出たりします。それから、休職期間も大手の場合は3年ぐらいとかっていうところも多いです。民間の場合でもね、でも、自分のところは中小企業だったんで、1年でしたね。そこはもうサラリーマンの場合ですよ。まあ自営の場合はね、まあ体をこう、いたわりながらでもね、多少こう、うまく要領よくやればですね、仕事はご家族の支援なんかがあればできると思うので、続けることは可能ですし、まあそういう意味で無理のない範囲で頑張るということもとても大切なことなので、おやりになったらいいと思うんですけど。サラリーマンで休職した場合はね、そこでどうするかということは現実問題として出てきます

(※1)正しくは一年半
(※2)正しくは傷病手当

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11078 (17) { ["term_id"]=> int(90) ["name"]=> string(27) "病気と仕事の関わり" ["slug"]=> string(7) "shigoto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(90) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(90) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "病気と仕事の関わり" ["category_nicename"]=> string(7) "shigoto" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る