※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

診断時:57歳
インタビュー時:60歳(2008年2月)
診断当時は、企業の管理職として多忙な日々を送っていた。妻との間に子どもが3人。首都圏在住。吐き気、足のしびれ、腰痛など、2年近く体調不良を訴えて複数の医療機関を受診したが診断がつかず、2005年にようやく前立腺がん(ステージIV)の診断を受けた。ホルモン療法にて体調が改善したが、2年余りで再びPSA数値が上昇しつつある。

詳しいプロフィールを見る

今、NPOのことを、いったん病気になったときにですね、自分が声を掛けてNPOを始めたんですけども、責任を取れないんでね、それを全部ね、お任せしました。あの、外れて、後の支障のないようにね、役員も全部下ろさせていただいて、次の方にお願いをして支障がないようにやったんですけどね。今、もう一回、自分が残された時間が、後どれほどあるか分からないけども、ちょっとそのNPOのことでね、お手伝いしたいことがあって、家庭のことだけではなくて、今、やれることで言うとね、ちょっとそのことで、今、私がお手伝いできることがあるので。またそのことを今、新たにもう一度、みんなから、「いや、最後まで責任を持たなくていいから、もう一回戻ってください」っていうお声が掛かったので、まあそれも自分の役割かなと思って、まあもう一回お引き受けして始めたんですね。
で、そのとき思ったのは、自分は成長するという意味で言うとね、キャリアカウンセリングっていう、まあカウンセリングのある分野ですけどね、人の成長にかかわることをね、そのまあ伴走役っていうかね、一緒に走っていくっていうことをしますというね、まあ役割なんですけど、最後までそういうふうにいたいなと。がん患者だって、まだ成長するわけですよね、うん。あの、そういうふうにこう大人への、あの、例えば父親になる体験もできましたしね、親としての。だから、分かんないけど、まあいつ来るか、まあそれは、人間は命限りあるわけだから、仮に私がえーと…何ていうんでしたっけ。自然…自然治癒じゃなくて、ガンがなぜか消えてしまうというね、ことを狙っていますよ、今でも。あきらめてません。そういうふうになるかね、あるいはもしかして、分からないけども、うーん、残念なことになるかも分からない。でも、そのときまでは成長するっていうか、やりたいことをやっていきたいっていうね。その、自分は、キャリアコンサルタントとして役に立ちたいと思ったのでね。えーと、最後の最後までいつ来るか分からないけども、10年後か、20年後か、2年後か、1年後か分かりませんけど、キャリアコンサルタントとして成長し続けたい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(90) ["name"]=> string(27) "病気と仕事の関わり" ["slug"]=> string(7) "shigoto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(90) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(90) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "病気と仕事の関わり" ["category_nicename"]=> string(7) "shigoto" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る