※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

診断時:57歳
インタビュー時:60歳(2008年2月)
診断当時は、企業の管理職として多忙な日々を送っていた。妻との間に子どもが3人。首都圏在住。吐き気、足のしびれ、腰痛など、2年近く体調不良を訴えて複数の医療機関を受診したが診断がつかず、2005年にようやく前立腺がん(ステージIV)の診断を受けた。ホルモン療法にて体調が改善したが、2年余りで再びPSA数値が上昇しつつある。

詳しいプロフィールを見る

あの、これ、よく(ある)ゲシュタルトの図ですね、「ルビンの壺」なんですけど。

―― 顔と壺に見えるやつですね。

うん、うん、うん。で、えーと、まあ、えー、まあ例えば顔の部分がね、がんになってとても今大変だと、命がないと、命がないということだと思うんですけど、だけど、もう片方ね、えーと、中から見たら、これ壺なんですけどね、いいこともあったわけです。で、僕は、えーと、今は、とても幸せなんですよね。うん。なので、えーと、がんになって気付いたことがいっぱいあるし、えー、まあ、あの、がんが分かってから2年半、ものすごく幸せでした。なので、まあ悪いことばっかりじゃないよということを、前回はね、たまたまウイスキーの話で、高級ウイスキーがあって半分ウイスキーが残っていますと。それをもう、あのー、ああ、もう後には半分飲んじゃって、後半分しかないかと思うかね、まだ半分あって飲めるかって思うかでね、全然違うっていうふうに、ご説明、そういう説明だったんですけど。
まあ見方でね、つまり、えーと、悪いことばっかりじゃなくて、いいこともあると。ちょっともう、ちょっと目を開いて見てくださいと。えーと、いいことを、どんないいことがあったかね、数を上げてみることが大事だと思いますね。まあ例えば家族との絆はものすごく強くなりました。うん、あのー、だから、すごく濃密な時間でしたね、この2年半っていうのはね。あのー、まあ結婚するときに若い方は一緒に、家族と一緒にというか、まあ私であれば家内と一緒にね、過ごすことが楽しくて、もう24時間一緒にいられたらいいねっていうことで結婚するわけですよね、普通は結婚するときにね。つまり時間を共有するっていうことだと思うんですけど。まあ私たちの年代はサラリーマンとして、そのまあ高度成長の後期にね、とにかく必死になって働くって。で、会社入ったときには、えー、まあ重役の方たちはね、黒塗りの車で出勤して、いつかは自分もそうなるかみたいな、なりたいなみたいな感じでしたよね(笑)。
で、えーと、家庭のことは当時は女性に任せるんですよね、そういう文化的な背景があったと思いますけど、今やそうじゃないですよね。うん。で、その中で、自分は自分なりに自分の役割を、まあ一生懸命働くこと、家は家内が守ってくれることっていうことで過ごしてきたわけですけど。でも、心の片隅ではいつもその、家内はどう受け止めてくれたか分かんないけども、自分はその心の中ではね、申し訳ないなという気持ちもあったんです。まあその割には、随分好きなことをやっていたんじゃないって、今でも言われちゃうんですけど。あの、すみません(笑)、本当に好き勝手なことをやっていましたけどね。でもね、心の隅にいつもそのことが残っていて、いろんな勉強をその後していく中でね。こんな、あるとき、あの、研修の中でね、ワークをこうやった経験があるわけですね、もしもあなたが、あと、1年しか命がなかったとしたら何を大切にしていきますかって、何をやりたいですかって、何を一番大切にしますかって考えるわけですね。
まさか、同じ問いがですね、がんにかかったときに、いきなりそういうものを問いがね、問いそのままのシチュエーションになるとは思わなかったですけども。でも、がんでいきなり私の場合は告知されました。告知されたんですけども、そのときに何をしようかということは、もうすぐ決まりましたね。だから、ある意味そのえーと、混乱はなかったっていったらあれなんですけども、それは、そういうある意味では、自分が過ごしてきた経験の中でそれが1つ幸いだったというか、まあリソースだったんですね、自分を支えるためのね。えーと、で、そのときに思ったのは、家族が大事なので、これからは家族を、まあ残った時間、前立腺の場合は幸いといったら、同じ病気にかかって悩んでいる方、今の今ね、あのー、なかなかそれを受け止められないと思うんですけども、比較的予後がいい。
それから、進行がそれほど早くはないというね。いろいろもっと厳しいがんに遭われる方に比べたらね、良かったなっていうか、ありがたかったなって。時間があったことがね。で、その時間を過ごす中で、まさにその家族との時間を大切にするっていうことに集中できましたのでね。だから、過去数十年家内と家族と一緒でしたけども、そのときの時間よりもその2年半はね、もう数十倍近く濃密な時間を過ごすことができましたね。そういう意味ですごく幸せでしたよね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る