※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

診断時:57歳
インタビュー時:60歳(2008年2月)
診断当時は、企業の管理職として多忙な日々を送っていた。妻との間に子どもが3人。首都圏在住。吐き気、足のしびれ、腰痛など、2年近く体調不良を訴えて複数の医療機関を受診したが診断がつかず、2005年にようやく前立腺がん(ステージIV)の診断を受けた。ホルモン療法にて体調が改善したが、2年余りで再びPSA数値が上昇しつつある。

詳しいプロフィールを見る

それこそ、実はその心理学の勉強で一般の方たちをサポートするようなワークショップ、まあこれは実はその企業の中ではね、研修担当ということで組織の活性化とか、いかに個人が前向きになれるかという研修なんかをやっていたので、そういう中ではですね、前向きになるための、ワークみたいなものがあるわけですね。その資料を使って、前向きな気持ちにするための、誘導的に持っていくための、ワークシートみたいなのがあって。で、そんなのが例えばね、もし…人生にとって大切なものは何かみたいなことも。あともし1年。1年しか命がなかったら、あなたは何をしますか、とかね。それが半年だったら、半年しかないとしたら、あなたは何をしますか。それからもし、さらに1カ月だったら、その中でも何をしますか。1週間だったら、何をしてお別れをしたいですか。1日だったら、1日しかなかったらどうします? っていうワークをやるんですね。シミュレーション。シミュレーションは散々してたんです、幸か不幸か。なので、告知を受けたときに何が大切かっていうことは、自分はもう解決済みっていうか、答えは出ていたのでね、あきらめてしまっているわけではありません、今でもね。あきらめてしまっているわけではないけども、何が大切かっていうことも分かっていましたし、気持ちをどう切り替えたらいいのかっていうことは分かって、今います。どんな悪いときでも、悪いことでもね、その裏にいいことが必ずあります。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(71) ["name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["slug"]=> string(7) "shindan" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(71) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(23) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(71) ["category_count"]=> int(23) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["category_nicename"]=> string(7) "shindan" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る