※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

診断時:57歳
インタビュー時:60歳(2008年2月)
診断当時は、企業の管理職として多忙な日々を送っていた。妻との間に子どもが3人。首都圏在住。吐き気、足のしびれ、腰痛など、2年近く体調不良を訴えて複数の医療機関を受診したが診断がつかず、2005年にようやく前立腺がん(ステージIV)の診断を受けた。ホルモン療法にて体調が改善したが、2年余りで再びPSA数値が上昇しつつある。

詳しいプロフィールを見る

で、どうしたかというと、失業手当をもらいましたね。それも難しい、症状がでると難しいんですよね。失業手当というのは、働ける前提じゃないと出ない手当なんですよ。傷病手当というのは、働けないからいただくという手当なんですね。で、ぎりぎりでどうしたかというと、働けるって、つまり、実はその予後もですね、えっと発病、病気であることが分かってから、最初はもちろんもう帰ってこられないかも分からない状態だったけど、当初、その抑える治療はとてもよく効くわけ、まあ私の場合はホルモン療法すごく効きました。
で、効く方もいっぱい、前立腺がんの場合多いというふうに思います。で、その場合、すごくQOL(※)良くなって、働ける状態に近い状態になると思います。私の場合は、えっと、その病気治療に専念しましたけども。だから、ちょうど休職期間終わる頃はですね、元気になってきましたね。そこで、休職切れるタイミングをこう見計らいながら(笑)、正直なところ、もう一回働くっていうことを選択肢の中に入れたわけですね。もうフルじゃなくても、私の場合は、例えばカウンセリングとか、キャリアサポートの仕事もありましたので、そういったことをやるかっていうこと。あるいは、社内で、社内のそれは、1回、会社には相談しました。現場に戻りたいっていう、復職したい。でも、やっぱり中小企業、厳しくて、拒否されましたね、実質的に。「辞めていただけたらありがたい」ってはっきり言われました。フルタイムじゃなくてもいい。私、自分自身の体のこともあるから、いきなりフルタイムの自信はなかったので、時間を短くして、曜日を、あるいは少なくするとかっていう相談に乗ってほしいっていうことは、会社に打診しましたけども、断られましたね。

※クォリティ・オブ・ライフ:生活の質

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(90) ["name"]=> string(27) "病気と仕事の関わり" ["slug"]=> string(7) "shigoto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(90) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(90) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "病気と仕事の関わり" ["category_nicename"]=> string(7) "shigoto" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る