※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

診断時:57歳
インタビュー時:60歳(2008年2月)
診断当時は、企業の管理職として多忙な日々を送っていた。妻との間に子どもが3人。首都圏在住。吐き気、足のしびれ、腰痛など、2年近く体調不良を訴えて複数の医療機関を受診したが診断がつかず、2005年にようやく前立腺がん(ステージIV)の診断を受けた。ホルモン療法にて体調が改善したが、2年余りで再びPSA数値が上昇しつつある。

詳しいプロフィールを見る

ただ、その告知もね、いかがなものかというのは実はあります。で、それは、以後はっきり分かりましたけども、もう日本で有名な大学病院です、やっぱりね。大学病院の中でもかなり有名な大学病院ですので、しっかりとした対応はもちろんしていただいたし、感謝はしていますよ。だけど、例えばがんの告知1つにしても、本当はね、私は実はその心理学の勉強をしているから、それなりにそういうふうに受け止めて冷静に、じゃあ、どうすればいいのかって対応のことを考えましたし「(5年生存率)10%以下しかありません」って言われたときに、じゃあ、でも、それは統計データだよな。一人一人違うよね。自分が10%に入ればいいんじゃないかって。自分は、実はその…気功とかをやっていましたので、自分で治すっていうのが自分の考え方の基本にありました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(71) ["name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["slug"]=> string(7) "shindan" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(71) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(23) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(71) ["category_count"]=> int(23) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["category_nicename"]=> string(7) "shindan" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る