※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

診断時:57歳
インタビュー時:60歳(2008年2月)
診断当時は、企業の管理職として多忙な日々を送っていた。妻との間に子どもが3人。首都圏在住。吐き気、足のしびれ、腰痛など、2年近く体調不良を訴えて複数の医療機関を受診したが診断がつかず、2005年にようやく前立腺がん(ステージIV)の診断を受けた。ホルモン療法にて体調が改善したが、2年余りで再びPSA数値が上昇しつつある。

詳しいプロフィールを見る

あの、子どもの成長を最後まで見てあげられない。人生、山あり、谷ありで、すごく心配ですね。まあ、今どきの、今、こんな変化が激しい世の中で、どんなことがあるかなって、彼らのね、将来。何かあるときに相談に乗ってあげたいけども、乗ってあげられないなという思いはあるわけですけども。今の今、父親がいろんなことがあったりして、悩んでいる中でね。一緒にその悩みとか、父親がどう過ごしているかということを見てもらうことで、まあ自分に残せるものは、実はその何ももう今、えーと、実は散々苦労したという中で、財産、自分はその、失うようなことがあったのでね。まあ、あの、人の世話ばっかりしたものですから、連帯保証債務とかってなって大変な思いをしました。財産を失ったことも実は、恥ずかしながらあるんですけど。何も財産を残せないんですけども、自分が、あの、残せるようなものはね。
だけど、だから、今、何ができるか。だからね。あのー、どんなときでも、今、幸せだって申し上げましたが、そのことをじゃあ、子どもに伝えようと思ったわけですね。子どもの人生もこれから山あり、谷ありだと思います。人生でね。思いも、がんになることなんて、思いもよらないことでしたけども、まあ子どもにそんなことがあってほしくはないですけども、あります人生では。あのー、思いもよらないことが起きてきますね。予想通りいかない。でも、どんなときでも人間って成長できるし、まあその苦しんでいるときが一番実は成長しているときなのでね、そういうことも説明しています、今。父親はこうやって、自分はこうなんだけど、今、自分は、えっと勉強して、心理学の勉強をしていて、患者のことが今、自分は心理がやっと分かるようになったよって。ええ。おれ、成長しているだろう?っていうことだとか。
まあ気持ちを切り替えてできることは何か。今できることは何かって、こう生きていますから。そういうふうにして生きていくっていうことを、えっと、それもかっこよくは生きてない。ね、決してかっこよく、あの、生きているわけじゃないですよ。だけど、そういうふうにして悩みながら、いろんな、えと、治療法も悩みながら、こう、えっと、どうしようか、どうしようかってやっている姿も含めて、とにかく気持ちを切り替えて、切り替え、切り替えってやっている。そこを見てくれたら、それが唯一、自分が残せることかなっていうようにも思うわけですよね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る