※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

診断時:57歳
インタビュー時:60歳(2008年2月)
診断当時は、企業の管理職として多忙な日々を送っていた。妻との間に子どもが3人。首都圏在住。吐き気、足のしびれ、腰痛など、2年近く体調不良を訴えて複数の医療機関を受診したが診断がつかず、2005年にようやく前立腺がん(ステージIV)の診断を受けた。ホルモン療法にて体調が改善したが、2年余りで再びPSA数値が上昇しつつある。

詳しいプロフィールを見る

大事なのはどうも、いろいろ勉強した、自分なりに勉強した中でいうと、運動すること、それから休養することですね。睡眠時間はもちろん大切だと、私は、これはとても問題がありました。睡眠の取り方が。えっと、夜遅くまで起きているタイプだったんですね。まあ頑張り屋っていうこともあったし、非常にいろんな情報を自分が求め、インターネットを見たりとかっていうこともあって、夜型の生活パターンになっちゃっていました。
ところが、現在、特にそうですね。もう真夜中までいろんな情報が、興味を引くようなものがいっぱいあるし。その気になれば、その娯楽的なことだけではなくてね、まあ勉強の場もインターネットで調べてったら、もう際限がないわけですよね。で、日常生活そういうふうに非常に悪い方向に、ある意味では、行っていると思うので、そういった中でうっかりすると、そういうパターンになっちゃってたわけですね。それをね、直すのがとても大変ですね。今でも直りきれてない、実は恥ずかしながら。
大事な、何をどうするとかって、さっき自分で決めて、そうやって、まあ何か10時から、えーと、2時、午前2時までの間が、細胞が再生される、ね、体のバランスがその元に戻る一番大事な時間帯らしい、っていうことが分かりました。その、どうせ睡眠するんなら、そこに睡眠時間を合わせることが、ホルモンバランスも含めて免疫力を高めることだって、いうことのようですね。それがね、案外できないんですよ。なかなかね。うーん。で、これはもう最後は自分の問題だから、指導があろうとなかろうと、することなんでしょうけども。でも、例えばそういう睡眠、「何時に寝てますか」ということも含めてね、もちろん先生からの、あるいは医療でかかわった方からもね、「それは見直してください」みたいな話は何もないわけですよね。
当たり前の話っていえば、当たり前の話かも分かんないけど、もうそういったことはやっぱり情報として、ごく目に、ポンっとこうやっぱり見られる状態にこうなっていてほしいなと、情報提供で。で、見直せるような、そのシートでもいいですけどね。何かこう簡単にチェックできるようなシート、評価をして、直さなきゃいけないんですよって、自ら気付くようなね、そんなワークシートみたいなものを提供、あの、どこかサイトで提供していただけたらね、ありがたいと思いますし、大事なことだと思いますね。日常生活の中で、なかなか直すのが大変なんですね、うーん。でも、それを、それこそ今で言えばね、心理療法でいうとコーチング。コーチングが必要なぐらい、生活習慣になっちゃっているとね、抜けきれない部分が、そういう意味でサポートが本当はあったらいいというふうに思っています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12176 (17) { ["term_id"]=> int(88) ["name"]=> string(27) "再発予防と体調管理" ["slug"]=> string(5) "yobou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(88) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(88) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "再発予防と体調管理" ["category_nicename"]=> string(5) "yobou" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る