インタビュー内容テキスト

約2年ぐらい前から少し体からメッセージが来ていました。ええ。体調が少しおかしいというふうに自分は感じていて、自分はずっとスポーツが好きで、いろんなスポーツをやっていましたし、片方で健康管理っていうことについては、自分なりにすごく意識は高くて、まあもちろん人間ドックは毎年受けてましたし。
でも、まあ何かむかついたりするんで、その合間を縫って胃カメラを何回か飲んだりとかということはあるんですけども、いずれも症状としては特に器質的にね、症状が出ているわけではなかったので、全部何もありませんということだったんですね。
もう今度疲労感がどうしても残るというようなことがありました。で、非常に夜、眠りが浅くなってきましたね、まず。眠りが浅くなってきて、まあ夜中に目が覚めてしまうというようなことがあったり、トイレが少し近くなったというのがありますね。まあ結果として、前立腺がんでしたから。前立腺肥大があったかどうかちょっと分かりませんけども、まあトイレが少し近くなりました。ただ、まあ加齢による、それは変化なのかな、みたいに。じゅうぶんな知識は持っていなかったので、まあ普通の人ですと、中高年になると男性はね、前立腺肥大になるとか、まあその程度の知識であって、じゃあ、実際に回数がどうなるかとかね、人と比べてなんて話はありませんので。まあ年とったらそうなるものだ、みたいな感覚で、前立腺のほうは全然自分としては疑ってなくて。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言