※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

診断時:57歳
インタビュー時:60歳(2008年2月)
診断当時は、企業の管理職として多忙な日々を送っていた。妻との間に子どもが3人。首都圏在住。吐き気、足のしびれ、腰痛など、2年近く体調不良を訴えて複数の医療機関を受診したが診断がつかず、2005年にようやく前立腺がん(ステージIV)の診断を受けた。ホルモン療法にて体調が改善したが、2年余りで再びPSA数値が上昇しつつある。

詳しいプロフィールを見る

で、泌尿器科に伺いまして、で、まあ直腸診を受けたんですね。そしたらもう1発で「あー…」とかっておっしゃっていて。もうもちろん診断が…触診が終わった後、すぐですね、呼ばれて、そこでもういきなり告知がありました。「生検は採っていませんので最終確定診断ではないけども、もうはっきり、がんです」と。「がんだと思います」と。で、「異常にがんの表情が悪い」とおっしゃいましたね。あのー、人相って何かよくおっしゃるようなんですけど、前立腺の場合こう。「人相が悪いです」と。で、「立派ながんですね」っておっしゃいましてね。で、「この状態だと、もう末期だと思います」という話がありました。で、「念のため生検はするけども、そういう状態だと思います」と。もう…だからまあ、いきなり告知があったということでね。びっくりはしました、もちろんね。びっくりしました。
あの、生検をしないと、最終的には確定診断はできないけども、触った感じでは、これは表情が厳しいと。表情って確か言い方をされたんだと思うんですけど…触ったときのね。非常に…「先生、表情って何ですか」って聞いたかな、確か。非常にゴツゴツしていて、それでね、がんのある程度、その性質というのが分かるんですと。非常に表情は悪い表情している、悪い表情しているって、厳しい表情しているって言われましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(70) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(70) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(70) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る