※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

診断時:57歳
インタビュー時:60歳(2008年2月)
診断当時は、企業の管理職として多忙な日々を送っていた。妻との間に子どもが3人。首都圏在住。吐き気、足のしびれ、腰痛など、2年近く体調不良を訴えて複数の医療機関を受診したが診断がつかず、2005年にようやく前立腺がん(ステージIV)の診断を受けた。ホルモン療法にて体調が改善したが、2年余りで再びPSA数値が上昇しつつある。

詳しいプロフィールを見る

で、実は、私は、私の両親がまだおるんですけど、一緒に住んでおりますけどね。それがね、こんなエピソードがありますね。ちょっと誤解、ありがちな誤解なんかもわからないけど。あのー、えっと、たまたま病院に行ってた家族、妻、子ども3人、4 人が告知を受けた、説明を受けたんですね。で、両親はそのときいなかったんだと思いますよ。その場にね。まあ、あの、いたのに呼ばなかったということじゃ なくて、「ご家族の方」と言われたときにいなかったんだと思うんですね。
で、自宅に家内が病院から帰って、子どもたちも帰った後、えっと、父と母に話をしたらしいんですね。で、それは後で分かったんですけどね。えっとー、父と母はそのときね、疎外感を随分味わったみたいなんですね。親からすると、自分の息子ですよね。自分の命に替えてもっていうくらい。えー、自分たちが先に死ぬと思っていたのに、えー、まあ、ね、医師の診断で言えば、子どもが先に逝っちゃうって分かったときの落胆ぶりは、あの、まあ想像すれば分かりますね。
だから、その中で、えっと、家族の方に話が、家族の方と呼ばれて告知を受けて話を聞いてきたのが、えーと、まあ自分の家内とね、だけだったので、すごくね、さみしかったらしいんですよ。その、同じ家族なのに、自分たちは家族じゃないのかみたいな、決して家内が忘れていったんじゃなくて、たまたまいなかったから、ね。で、後からその説明をしにいったときに、自分は家族じゃないのか、みたいにね、ちょっと思っちゃったってことを、後で、あと、別の機会にね、えーと、「実はあのときに泣いたんだ」というふうに。親が泣いたということは聞きました。
だから、そんなことはあるかも分かんないですね、だから、まあえーと、大変ですね、がん患者になると、そうはいろいろ気を遣っていられないかも分からないけど(笑)、まあもしも余裕があったら、お話をされるんだったら、もう家族全員集めて話をされたらいいのかも分かんないですね。その場に呼ばれないと、自分は家族じゃないのかって思う家族もいるみたいなので。まあ、あの、うちでのエピソードですけど(笑)、そんなことはありました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る