※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

診断時:57歳
インタビュー時:60歳(2008年2月)
診断当時は、企業の管理職として多忙な日々を送っていた。妻との間に子どもが3人。首都圏在住。吐き気、足のしびれ、腰痛など、2年近く体調不良を訴えて複数の医療機関を受診したが診断がつかず、2005年にようやく前立腺がん(ステージIV)の診断を受けた。ホルモン療法にて体調が改善したが、2年余りで再びPSA数値が上昇しつつある。

詳しいプロフィールを見る

困ったんですよ。その主治医で、まあ一生懸命やっていただいているのは分かっているから、見つけていただいたしね、感謝の気持ちはあるんだけど、困ったなと。それでも、患者から言えないんですね。なかなかその替わ、主治医を替えたいということを申し上げることがなかなか言いにくくて。仕方がなしにどうしたかというと、えっと、その大学病院の、えっと、患者相談室というのがあって、もう意を決してそこに行きまして、ちょっとご相談したら、えっと、やっぱりでも、最終的にそこで動いてはくれなかったです。うん。間に入るようなことはやっぱし、相談室はしてくれないんですね。そこまでできないみたいで。
で、どうしたかっていうと、えーと何回か入院中にお世話になったその下の先生がいるんですね。その先生はね、とにかく話をよく聞く先生、聞いていただく先生だったんです。いつもにこにこしていてね。えっと、会うとお元気ですか、大丈夫ですかって、にこっと、まずね、笑顔から始まる先生だったんですよ。なので、ちょっとお若い先生なんですけども、その先生にある日ね、お願いに行きました。実は先輩の先生だと思うんですけど。自分としては、お話ししづらいと。ぜひ、先生に主治医をお願いしたいと言ったらね、先生ね、やっぱりね、あの、なかなかね、大変な役回りが回ってきたなと思ったんでしょうけど、でもね、最終的に「分かりました。じゃあ、私のほうから先輩のほうにお話ししましょう」ということで、その先生が受けてくださって、えっと替わっていただきました。
で、すごくフィーリングがやっぱり合いますし、お話を聞いていただけるし、そういったことはね、えっと、必要なことだというふうに思います。やっぱりえっと、自分の治療法、お話を聞いてくださる先生を選ぶということがとても大切なことだというふうに思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(72) ["name"]=> string(24) "病院・医師の選択" ["slug"]=> string(7) "sentaku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(72) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(72) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "病院・医師の選択" ["category_nicename"]=> string(7) "sentaku" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る