※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

診断時:57歳
インタビュー時:60歳(2008年2月)
診断当時は、企業の管理職として多忙な日々を送っていた。妻との間に子どもが3人。首都圏在住。吐き気、足のしびれ、腰痛など、2年近く体調不良を訴えて複数の医療機関を受診したが診断がつかず、2005年にようやく前立腺がん(ステージIV)の診断を受けた。ホルモン療法にて体調が改善したが、2年余りで再びPSA数値が上昇しつつある。

詳しいプロフィールを見る

告知は一人で受けたというふうに思いますね、その場にはいなかったと思います。はい。
で、「ご家族の方、いらっしゃったら」ということで、家族に直接話があったんだと思います、うん。ですね…はい。

――その後、ご家族とお話はどんなふうに持たれたんですか?

で、私に直接全部告知があったことですから、当然家族にもですね、全部話はされているという前提でおりましたので、「いや、おれ、聞いたと思うけど、がんになっちゃって。末期なんだよな」みたいな言い方はしなかったと思います。もう分かっているっていう前提で。うーん、何か言ったかな。頑張るとかってそういう話をしたような覚えはないですね。うーん。ありがたいと思ったのはね、家内がとても明るいんですね。明るいので、泣く場面はなかったですよね。家族と泣き合う場面はありませんでした、そういう意味でね。うん。で、それが、だから患者として気持ちが楽ですよね。うん。泣かれたら、やっぱりつらいというふうに思うんですけども。だけど、泣いちゃう家族の方もいらっしゃいますでしょうね。告知の状況によるけども。まあ私の場合は家族が明るくて、まああの、告知を受けたときにどういう表情をっていうか、状況だったか分かりませんが、家族がね。全部、子ども3人いるんですけど、家内と3人で話は聞いたということですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(2) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(71) ["name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["slug"]=> string(7) "shindan" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(71) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(23) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(71) ["category_count"]=> int(23) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["category_nicename"]=> string(7) "shindan" ["category_parent"]=> int(8) } [1]=> object(WP_Term)#12181 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る