前立腺癌に対する化学療法

化学療法は、癌が体の他の部位に広がっており、もはやホルモン療法による治療にも反応しない前立腺癌(ホルモン抵抗性の転移性前立腺癌)患者に対する治療選択肢の一つとして用いることができます。

それは癌の進行を遅くして生存期間を延長することと、症状を軽減して良好なQOLを保つという両方の目的で用いられます。化学療法薬は、通常静脈内に(経静脈的に)投与されます。使用される薬のうちの2つはドセタキセル (商品名:タキソテール)とミトキサントロン(商品名:ノバントロン)です。