ホルモン療法

前立腺がんが成長するには、男性ホルモンのテストステロンが必要です。これを制御する一つの方法は、前立腺癌をテストステロン欠乏状態にすることです。ホルモン療法(アンドロゲン枯渇療法)は、体内のテストステロン量を減らし、癌細胞の成長を長年にわたって遅らせたり、停止させることができます。ホルモン療法はゴセレリン(ゾラデックス)、リュープロレリン(リュープリン)のように注射剤として使用したり、フルタミド(フルタミド)、ビカルタミド(カソデックス)のように錠剤として使うことができます。

インタビューを受けた男性達の多くは、ホルモン療法を受けており、時には放射線療法のような他の治療法との組み合わせで受けていました。大部分はカソデックスの錠剤か、ゾラデックスの注射、あるいはその両者の併用を行っていました。薬剤は治療の経過中に変更される場合があります。

何人かの男性は、ゾラデックスの注射がどのように行われたかを説明しています。ホルモン療法は劇的にPSAの値を下げることができます。他のホルモンとは併用せずにカソデックスだけを服用したある男性の場合、性生活に対する影響は比較的わずかしかありませんでしたが、毎日服薬しなければならず、それを覚えていることが大変でした。ある男性は、カソデックスを単独で服用することにしたのですが、処方された投与量が間違っていて有効用量よりもはるかに少ない量だったと報告していました。ある人々はホルモン療法が自分に合っていると述べていましたが、また別の人々は重篤な副作用 (「治療の副作用」参照)があったと報告しています。

ホルモン治療についてのさらに詳しい情報を得るにはマクミラン癌支援(Macmillan Cancer Support’s)およびキャンサー・ヘルプUK(Cancerhilp UK)の二つのチャリティー組織のウェブサイトで見ることができる。