エネルギーの欠乏

前立腺がんの男性の多くは時々疲れを感じます。一つの原因は、夜間頻尿のため睡眠が中断されることかもしれない。しかし、放射線療法とホルモン療法は、エネルギーに影響を与えることが知られています。ひとそれぞれに期待するところは異なり、ある者はスポーツ活動に限界を覚えたと言い、他の者は仕事や家事、庭いじりなどに取り組むエネルギーが欠乏してきたことを嘆いています*。1993年に根治的前立腺全摘除術を受けたある患者は、手術が彼のスタミナを減少させ、そのライフスタイルを大いに変えてしまったと述べていました。

*ビカルタミド(カソデックス)のような新しいホルモン療法は、非転移性疾患に適している。これらの治療法では、患者が無気力になったり疲れたりしないように、テストステロンを低下させないからである(カソデックスの詳細については、マクミランがんサポートを参照されたい)。