外照射放射線療法

外照射療法は、癌の治療及び癌が骨に転移した場合の疼痛緩和のために使用される(症状コントロールの項を参照)。
ここで、私たちは、癌の治療法としての男性の放射線療法の経験について議論する。

治療の手段としての放射線療法は通常週に5回の照射を、4~7週間に亘って行います。放射線療法を選択した男性達の何人かは、病院の待合室で診断や治療を待つ間の経験を次のように語っています。

ある人々は遅れとフラストレーションについて話していたが、一方でクリニックはスムースに運営されていると感じている人たちもいた。放射線療法はそれ自体よく管理され、痛みも無かったと全ての人達が報告していました。

原体照射とIMRT
原体照射(CRT)あるいは強度変調放射線治療(IMRT)は通常、初期の前立腺癌の治療に用いられます。放射線治療装置には技術的な改良が加えられ、副作用を悪化させることなしに、与える放射線の量を増やすことが可能になりました(詳細は、マクミランがんサポートを参照されたい)。

しかしまた、他の人達は、心理的な側面が無視され、治療中まるで生産ラインに乗せられているように感じていました。ほとんどの男性は治療中あるいは治療後のいずれかで副作用を経験していました。(‘治療の副作用’の項を参照)。