根治的前立腺全摘除術

この手術では、病気を治療するために前立腺全体を外科的に除去します。これは癌が前立腺の外に広がっていない場合に限って行われ、通常は70歳未満の男性に適用されます。前立腺癌では、一般的な手術です。切開は、腹壁あるいは会陰部(両脚の付け根で、陰嚢と肛門に挟まれた領域)に置かれます。手術は通常、全身麻酔下で行われます。大抵の場合、入院期間は1週間~10日日です。この手術を受けた何人かの人々が病院での体験を語っています。

最近の根治的前立腺全摘除術は腹腔鏡を用いて行われ、標準的手術またはロボット支援手術のいずれかが行われます。これらの手法は、侵襲を最小限にとどめ、失血量や術後疼痛が少なく、在院期間も短いという利点があります。詳細については、ロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術の項を参照してください。