PSA試験

患者たちはPSA試験の体験について論じている。PSA試験についてもっと知るには、Healthtalkonlineの「PSA試験」のモジュールを参照。

PSA試験に関する患者の議論

私たちがインタビューした人の多くが診断の補助や治療効果のモニターとしてPSA試験を受けていた。その多くは排尿に関する症状でGP(一般開業医)を受診した際にこの試験を受けていた。しかしながら、2人は治療やスクリーニングの臨床試験に参加した際に、1人は職場健診の一部としてPSA検査を受けていた。4人は、たまたま海外在住中のため通常健診を受けたときにPSA検査を受けており、他にも疲れ易いことや深部静脈血栓、糖尿病などさまざまな理由で主治医に相談した折にPSA検査をうけた例もあった。家族に前立腺癌に罹患者がいたという理由で、PSA試験を受けた者も1人いた。

私たちがインタビューした人々は、医師のもとを受診する前は前立腺のことについてあまり知らなかったし、PSA試験のことについて情報を得ている人も非常に少なかった。試験が実施される前はPSA値異常の意味についても知っている人は少なかった。しかしながら、一部の医師はPSA試験は信頼性がないと言い、PSA 試験の実施や、症状の原因探索に消極的だった。おそらく、その原因の一部は医師たちがPSA試験の結果が擬陽性(癌がないのに、あると示唆するような結果を出すこと)となる場合があり、また治療の副作用が重大であることを知っていたからであろう。

PSA 試験や前立腺癌治療周辺の事情が不確実なこともあって、PSA試験を受けたい人は、informed share decision(患者と医療者が共に認識を共有しながら医療の意思決定を行ってゆくこと)を行うためにはその助けとなるような、賛否バランスのとれた情報をえることが必要となる。この情報は、PSA 試験を受ける前に主治医や医療提供者たちから提供されねばならない。前立腺癌リスク管理プログラムでは患者用説明書を作成し、PSA試験を考慮しているひとすべてにこれを提供すべきだとしている。

大部分のひとはPSA試験を受けたことを喜んでおり、その多くが50才以上の男性すべてがPSA試験を受けるべきだと考えている(「PSAスクリーニングとオンデマンド試験についての考え方」の項を参照)。一部の人々はまた、試験を繰り返し受けることが治療にとって良い効果をもたらす場合があると述べている。ある人は、定期的にPSA試験を受けたことで状況をよく見ることができたと喜んでいた。しかしながら、2人の男性はPSA値の異常で不安が生じ、受けたことを後悔していた。そのうちの1人は、生検を受けても癌は診断されなかった。しかし彼は、たとえ癌と診断されたとしても、手術その他のいかなる治療も受けることはないだろうと述べていた。受けたくないと決めた理由は治療に伴う副作用の可能性だった。もう1人の74才の男性は、治療によって延命することは必ずしもないだろうと判断したが、失禁やインポテンスが起こる可能性を恐れた。2人の専門家と相談した結果、他のいかなる治療を受けるよりも、監視的待機を選んだ。

PSA試験についてもっと情報が欲しい人はhealthtalkonlineのPSAのサイトを参照されたい。