高密度集束超音波療法(HIFU)

高密度集束超音波療法 (HIFU)は、米粒大のサイズの小さなエネルギー・エリアを発生させることによって働きます。このエネルギーの前立腺内での放出は組織を加熱させます。この温度の変化はその領域にある前立腺細胞および全ての癌性細胞を破壊します。小さな治療領域が、非常に注意深く前立腺内に位置取りされ、前立腺に隣接するデリケートな組織を避けるように設定されているのです。

HIFUは2000年頃から使用されてきた実験的治療です。調査研究では、HIFU治療が少なくとも初期の前立腺癌の他の治療法と同じくらい安全で、副作用も少ない可能性が示されています。これらの研究は比較的新しいものですが、この治療法もまた前立腺癌のコントロールに有効と思われます。

低リスクの、限局的な前立腺癌の治療で、最も良い結果が得られています。前立腺は比較的小さくなければならないし(40cc未満)、あまり石灰化を含んでいてはいけません。多数の患者への適用は、これらの基準があるために限定されています。

誰か(介護者が)自宅におり、適当な移送手段が用意されているという条件が整っていれば、術後数時間で帰宅することも可能ですが、そうでなければ少なくとも1~2日は病院に泊まってゆくことが必要です。私達はこの新しいHIFU治療を経験したある1人の患者とのインタビューを術後5週間目に行いました。彼はこの治療法の結果を評価するための臨床試験に参加していました。

これがたった1例のHIFUの経験に過ぎないという点は重要である。

NICE(英国国立医療技術評価機構)は前立腺癌に対するHIFUの評価を行った。NICEの指針ではHIFU後のQOLおよび長期生存については、まだ充分なエビデンスが整っておらず、この治療法が根治的前立腺切除術や放射線療法と同様な効果を有するかどうかはまだ不明であるとしています。その結果、NICEの推奨は次のようになっています。

「限局性の前立腺癌に対するHIFUや凍結手術の適用は、既に評価の確立した介入法との比較試験という状況以外では薦められない。」—2008年2月