ブラキセラピー(近接照射療法または小線源療法)

ブラキセラピーは内部照射療法の1種です。ブラキセラピーには二つの主な形式があり、放射性シードが前立腺の中に永久的に埋め込まれる永久シードブラキセラピーと、シードが短期間前立腺内に残されるだけ(あとで除去する)の高用量ブラキセラピーとがあります。シードを永久的に埋め込んだ人々は、その治療法について以下のように述べています。ある人は、ブラキセラピー後の不快な症状について、予め告げて欲しかったと言っていますが、他方には、治療法や副作用について詳しい説明を受けたという人たちもいました(‘副作用-膀胱・腸障害’の項を参照されたい)。

これらの患者の一人は、何か新しい手順のためには熟練の経験豊富な外科医を見つけることの重要性を強調していました。治療のためにアメリカへ行ったある人はこのタイプの小線源療法(永久埋め込みシード)と原体照射法とを組み合わせて受けていました。前立腺のCT画像は、コンピューターに取り込ませることで前立腺の3次元画像を造り出し、放射線を前立腺の正確なサイズと形に合わせて照射することができ、周囲の正常組織への損傷を減らすことになります。

もう一人の男性は、治療後にシードを除去するタイプのブラキセラピーを受けていました。この患者は、ブラキセラピーを受ける直前に、外照射療法も何回かうけていました。