カテーテル

手術中は、集尿バッグに尿を排出できるよう、小さなチューブかカテーテルが陰茎を通して膀胱に入れられます。これは通常、患者が麻酔をかけられているときに行われますから、その段階では何も感じません。血の塊がカテーテルを閉鎖するのを防ぐために、膀胱洗浄も使用されるかもしれません。

経尿道的切除術の後、カテーテルは通常患者が病院から帰宅する前に取り外されます。前立腺全摘出術の後では、膀胱と尿道の傷が治癒することを考慮して、カテーテルは、通常1〜2週間留置されます。したがって、前立腺全摘出術を受ける男性は、通常、家でしばらくの間カテーテルを管理し、その後、それらを取り外すために病院に戻ることになります。

時に、前立腺癌患者は、カテーテルなしには排尿できないことが分かり、永続的にカテーテルを付けて生活しなければならなくなることがありますが、これは通常、2〜3か月ごとに交換することになります。