前立腺癌に対する凍結手術

凍結手術(あるいは冷凍アブレーション)はまだ実験的な治療であり、その安全性と有効性をモニターするための試験が進行中です。NICE(英国国立医療技術評価機構)は推奨するガイダンスを出していますが、一部のプライマリケアトラスト(英国国民医療サービスの地方末端組織として医療費の配分・管理などを行っている)はこの治療を承認しないかもしれません。

凍結手術は、前立腺内および前立腺の周囲の癌細胞を破壊するために超音波と温度モニタリングとを組み合わせて、極端な低温を適用します。凍結手術中は、患者には全身麻酔か硬膜外麻酔が行われます。尿道を冷温から守るために暖かい液体を循環させる細いカテーテルが尿道内に設置され、次に、細い6〜8本の細い凍結探針を小さな切り口を通して前立腺に挿入し、液体アルゴンを凍結探針の先端で循環させます。こうして冷却が始まり、その間凍結探針は先端部周囲の組織を対称的に凍らせ、結局全前立腺を凍結させます。マイナス40Cに到達した組織は破壊されます。約10分後に外科医は最初の凍結サイクルを完了し、それから、全ての癌細胞の死滅を確実にするために追加処置を施します。凍結手術の後、患者は、病院で一晩過ごしてもよいし、同日中に帰宅することもできます。患者は、治療後の週の排尿を確保するためカテーテルを留置して帰宅します。

一部の患者は凍結手術の後に軽度な腫脹あるいは痛みを経験します。また、長期的な合併症としてはインポテンス、失禁、直腸の損傷をきたす可能性があります。この治療はアメリカでは行われていますが、英国ではまだ新規治療にとどまっており、国民医療サービスとして広く利用可能ということにはなっていません。現在、治療費は一部NHSから、一部はチャリティー組織からの基金でまかなわれています。以下に体験を語っている二人の患者(これらのうちの1人は既に別の問題で精巣摘除去術を受けていたが)は、一次治療として凍結手術を選択した人たちですが、凍結手術はまた、放射線治療が失敗した場合や、治療選択肢が非常に制限される場合にも、使用してもよいかもしれません。そのような状況にある1人の男性もまた、英国における凍結手術の経験について語っています。