疼痛軽減

前立腺癌の人全てが痛みのことを語っているわけではありませんが、痛みが生じても、それをコントロールできる可能性のある様々な方法があります。もし癌が骨に広がっているなら、外照射放射線療法は痛みを和らげるために実施することができます。治療は病気に冒された骨や、その周辺領域に実施されます。1〜10回の照射が骨の痛む部位に行われます。症状は通常、治療の4〜6週間後に改善しますが、数日内にいくらか痛みが軽減したことに気づくかもしれません。痛みはまた様々な薬の使用でコントロールできる可能性がありますが、ときには最適用量を見出すまでに時間がかかることがあります。ビスホスホネート(訳註:破骨細胞の活動を阻害し、骨の吸収を防ぐ薬)は、ホルモン療法で再発をみた前立腺癌患者達に与えた場合には、痛みや骨折を減少させます(さらに情報が必要な場合は、マクミラン癌サポートを参照)。

痛みのコントロールにはストロンチウム89と呼ばれる放射性物質(アイソトープ)も使えます。このアイソトープは、通常、病院の外来診療部門で腕の静脈に注射剤として与えられます。注射されると、ストロンチウムは冒された骨に取り込まれ、鎮痛効果を発揮します。
専門家による疼痛管理は、病院付属の特別なペインクリニックやホスピスでも受けることができます。