前立腺がんの生検

患者たちは生検の体験について語っています。最初の検査(直腸診、PSA、超音波検査など)でがんの可能性が示された場合、通常は生検をうけることを勧められます。生検とは、顕微鏡で調べるために、前立腺から細胞標本を採取することです。生検は通常、直腸側から行われますが、ときには陰嚢のすぐ後ろ(会陰部)の皮膚を経て採取したり、膀胱鏡検査をしながらとることもあります。

生検を受けた患者は、実にさまざまな体験をします。多くの人々は、生検が不快だったと言いますが、それほど痛くはなかったと言っています。ある人は採血注射よりも不快は少なかったといっていますが、他の人々はゴムバンドで叩かれたみたいというのがぴったりした表現だと述べています。ある人は、痛みというよりはむしろ手技そのものに困惑したと述べており、別の人はプライバシーや尊厳について必ずしも配慮が十分でなかったと言っています。

しかし、約4分の1の人は生検が痛かったり、辛いものだったと感じていました。 生検を、ある人は空気銃を逆さまに撃ち込まれたみたいと喩え、別の人はその処置で涙が出たと言っていました。1994年に私立病院で生検を受けたある人は、ぞっとする体験だと語っていたが、1997年に国民医療サービス(NHS)で別の生検を受けたときにも同様に痛みがあり、4回以上の標本採取は拒否しました。今では、前立腺生検をする前には、居所麻酔で前立腺周辺の神経ブロックを行うことが標準とされており、その処置なしに生検を受けるべきではありません。(より詳細な情報はNature.comを参照)

他の人々はまた、生検の手技は痛かったけれど、痛みは割に短くで済んだと言っていました。

前立腺生検についてのより詳しい情報はヘルストークオンラインのPSA試験のウェブサイトを参照されたい。