画像診断

患者は超音波検査やその他の走査画像検査を受けたときの体験について語っている

体内の様子をみるにはいくつかのタイプの走査画像検査があります。その中には前立腺や膀胱をみるための《超音波検査/経直腸超音波検査TRUS》や、癌がそこから広がってしまったかどうかを調べるために、身体の他の部位をチェックする《骨シンチ、MRI、CT》等の画像診断があります。ある人々は超音波検査をうけたときのことを次のように語っています。

他の患者はまた、アイソトープ(放射性同位元素)を用いた骨シンチや、CT、MIR検査について語っていましたが、中には、自分がどんな画像検査を受けたかよく分かっていない人もいました。検査に際して、不快であったり、閉所恐怖を感じたりすることはあったとしても、それが苦痛であったとは誰も言いませんでした。